夜はいよ/\しめやかにして

 第二の鐘聲《しようせい》起こりぬ。夜はいよ/\しめやかにして、ひゞきはいよ/\冴えたり。山をかすめ、海をわたり、一たびは高く、一たびはひくく、絶えむとしてまたつゞき、沈まむとしてはまたうかぶ。天地の律呂《りつりよ》か、自然の呼吸《こきふ》か、隱《いん》としていためるところあるが如し。想へばわづらひはわが上のみにはあらざりけるよ。あやしきかな、わが胸は鐘のひゞきと共にあへぐが如く波うちぬ。 おもひにたへで、われは戸をおしあけて磯ちかく歩みよりぬ。十日あまりの月あかき夜半なりき。三保《みほ》の入江にけぶり立ち、有渡《うど》の山かげおぼろにして見えわかず、袖師《そでし》、清水の長汀《ちやうてい》夢の如くかすみたり。世にもうるはしきけしきかな。われは磯邊《いそべ》の石に打ちよりてこしかた遠く思ひかへしぬ。 おもへば、はや六歳《むとせ》のむかしとなりぬ、われ身にわづらひありて、しばらく此地に客《かく》たりき。清見寺の鐘の音に送り迎へられし夕べあしたの幾《いく》そたび、三保の松原になきあかしゝ月あかき一夜は、げに見はてぬ夢の恨めしきふし多かりき。 六とせは流水の如く去りて、人は春ごとに老いぬ。清見潟《きよみがた》の風光むかしながらにして幾度となく夜半の夢に入れど、身世怱忙《しんせいそうばう》として俄《にはか》に風騷《ふうさう》の客たり難《がた》し。われ常にこれを恨みとしき。 この恨み、果《はた》さるべき日は遂《つひ》に來《きた》りぬ。こぞの秋、われ思はずも病にかゝりて東海のほとりにさすらひ、こゝに身を清見潟の山水に寄せて、晴夜《せいや》の鐘に多年のおもひをのべむとす。ああ思ひきや、西土《せいど》はるかに征《ゆ》くべかりし身の、こゝに病躯《びやうく》を故山にとゞめて山河の契りをはたさむとは。奇《く》しくもあざなはれたるわが運命《うんめい》かな。 鐘の音はわがおもひを追うて幾たびかひゞきぬ。

— posted by id at 06:24 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1872 sec.

http://centaurus1995.com/