[ カテゴリー » 日 記 ]

欲使国光輝極東

 余、欧米の社会を見ざること、ここに十有五年なり。今や再びロンドンに遊び、日夜見聞するところ、大いに余を奮起せしめてやまざるなり。よって所感を賦す。[#ここから2字下げ]欲使国光輝極東、鞠躬須尽赤心忠、泰西文物君知否、都是千辛万苦功。(日本の国を極東の地に光輝あらしめんと欲すれば、つつしみ深い...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:27 pm  

紳士洋行漫費銭

紳士洋行漫費銭、僕貧難伍此同連、船乗二等車三等、止酒禁煙倹約専。(紳士の洋行というものはみだりに費用がかかるもの、僕は貧しいのでこれらの人々と肩を並べて費消するわけにはゆかない。船は二等に乗り、汽車は三等に乗り、酒はやめタバコもやめて、倹約をもっぱらにしているのである。)[#ここで字下げ終わり]...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:26 pm  

山自蒼蒼水自清

リスボンの灯台今は暗らけれど昔しは四方の海を照せり山自蒼蒼水自清、灯台聳処是葡京、星移物換人何去、失却往年航海名。(山はおのずから青あおとしげり、水もまたおのずから清らかに、灯台のそびえたつところが葡《ポルトガル》の首都である。星移り物かわる歳月に人々はいずくにか去り、いまや往年の航海の名声も失...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:25 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0165 sec.

http://centaurus1995.com/